フラワーセラピーの資格が必要な理由【信頼と癒やしを与える】

目指すための方法

男女

それぞれ取得する方法とは

心理カウンセラーという資格はありませんが、心理学関連の資格を取得して心理カウンセラーとして活動する人は多くいます。心理学関連の資格には臨床心理士、認定心理士、産業カウンセラー、そして平成30年から新たに誕生する公認心理師などがあります。臨床心理士は大学を卒業してから指定の大学院へ進学することが必要となっており、認定心理士は大学で必要単位を取得することで得ることができます。産業カウンセラーはセミナーに通って必要単位を取得し、公認心理師は大学で心理学を専攻してから大学院へ進学して取得することができます。そのほかにも心理学検定など心理学関連の資格はありますが、主に知られているものはその4つといわれています。しかし心理カウンセラーになるためには、絶対的に資格が必要となるわけではなく無資格でも活動は可能です。しかしカウンセリングを受ける人から信頼を得るためには、資格は保有することが望ましいといえます。人によっては社会に出てからの経験で人の心について学びたいという人が多く、しかし大学や大学院まで通って心理カウンセラーを目指すには時間がかかりすぎるという人は、産業カウンセラーを目指すことがあります。産業カウンセラーの場合は半年間セミナーに通って単位を取得し、試験に合格することができれば取得できる資格なので、臨床心理士や公認心理師と比べて短期間で得ることができるのです。なかには働きながらセミナーに通って資格を取る人もいるので、産業カウンセラーは比較的取りやすい資格といえます。

Copyright© 2018 フラワーセラピーの資格が必要な理由【信頼と癒やしを与える】 All Rights Reserved.