フラワーセラピーの資格が必要な理由【信頼と癒やしを与える】

幅広く教養をつけられる

女性

取得時の注意点

幼稚園教諭とは、幼稚園で幼児に教育を行う人のことです。満三歳児から小学校入学前までの幼児に対して、運動や遊びを通して様々な教育を行います。保育士と混同されがちですが、保育士は日常の世話などをメインに行い、幼稚園教諭は教育をメインに行う点に違いがあります。幼稚園教諭になるには、高校卒業後、幼稚園教諭養成課程のある大学、短大、専門学校などで所定の期間学ぶ必要があります。それぞれメリットデメリットがありますが、大学で学ぶことのメリットは幅広く教養を身につけられる点が大きなものです。大学では四年間でいわゆる一般教養から語学、専門分野まで様々な知識を幅広く学びます。そのため、他の方法で資格を取得した人よりも深い知識と見識を持つことができます。また、学ぶ期間が長いため、保育士資格や小学校教諭など他の資格をとれる可能性も高いです。デメリットとしては費用と時間がかかるという点があげられます。大学は四年間あるので、二年間ほどの短大や専門学校の倍はかかります。私立だともっと高くなることもあります。また期間が長いということは社会にでるのが遅れるということにもなります。大学で幼稚園教諭を取ろうとする場合は他の資格もとれるか、十分な実習時間や取得へのサポートがあるかなどを注意しなければなりません。今後は子ども園の増加により保育士資格が重要となってくるので保育士資格がとれるかは非常に重要です。また、働き始めてからのギャップを埋めるには実習時間が充実しているとよいでしょう。

Copyright© 2018 フラワーセラピーの資格が必要な理由【信頼と癒やしを与える】 All Rights Reserved.